デモンストレーションセミナーでお伝えしたいこと

昨日は福岡で、『立体造形眉カットデモンストレーションセミナー』を開催させていただきました。

20時30分~22時という時間にも関わらず、大勢の美容師の方々にお集まりいただきましたこと、
心より感謝申し上げます。

ご自身の業務終了後、このような遅い時間帯に『お客様を美しくするための情報を得よう!』という美容師の皆さまの向上心には、いつも頭が下がります。

そしてお客様がたに、美容師さんのこの地道な努力を是非知っていただきたい!!と、声を大にして叫びたくなってしまうのは、私が美容業界に身をおく者だからなのでしょうか?(笑)

 

さて、昨日のセミナーでお話しさせていただいた内容を、ここにまとめたいと思います。

『美容室でもブルーオーシャン戦略を取り入れませんか?』

ブルーオーシャン戦略とは・・・
激しい競争の中で一定数の顧客の取り合いをしている現在の状況を【(血で血を洗う様子から)レッドオーシャン】と呼ぶのに対し、競争のない未開拓市場やまだ見ぬ顧客を取り込める【ブルーオーシャン】を自ら創造しましょう。というものです。

私たちは誰しも【先入観】というものがあります。

例えば『居酒屋』と聞いたとき、どのようなイメージを思い浮かべますか?
集まる人はサラリーマン、飲み物と言えばビールや日本酒・焼酎ですし、アテと言えば枝豆・冷奴・焼き鳥・ホッケetc…というのが一般的ですよね。
『居酒屋』と聞いて、おしゃれ女子、ワインやシャンパン、アヒージョやブルスケッタ・・・なんて誰も思わないことでしょう。

同じように、一般消費者には『美容室はこんな所』という先入観があります。
それを覆し新規市場・顧客を創造する一手として、『立体造形眉カット』を取り入れてみませんか?

ブルーオーシャン戦略の具体的な手法は、書籍やネット情報でいくらでもありますので割愛し、ここでは特に納得度が高かった事例をひとつご紹介します。

 

*** サーカス業界 ***
『シルクドゥソレイユ』

サーカスの良さは『ワクワク』ではないでしょうか?
子供時代のサーカスを見た後の興奮を思い出します。
もともとサーカスは「次の演目はこれでーす!」と、様々な 出し物 を楽しむものです。

一方、シルクドゥソレイユはどうでしょう?
大人の落ち着いた雰囲気の中に漂う高揚感。幻想的な空間でのトリップ感。
一貫したテーマでストーリー性があり、その中で人間の美しくも高いパフォーマンスに魅了されます。

私たちが持っていたサーカスへの先入観である
『休日にお父さんが家族サービスをする場所』を、

『大人がおしゃれをして出かける新しい社交場』

と変えてしまったのです。

 

眉カットも、これと同じように『もともとあるもの』です。
美容室におけるサービスやワンコインメニューとして。

これを覆すのが、今回ご提案する立体造形眉カットです。

 

「眉を整えるもの」から
「眉をデザインして顔の印象を変えるもの」へと変えてしまいたいのです。

そうです。ヘアデザインと全く一緒なのです!!

その価値を伝えて、きちんと2千円以上の料金を頂く。
客単価も上がり、失客を防ぎ、お客様の満足度を上げる。
そんな技術を手にしてもらいたいのです。

美意識の高いお客様からすれば、サロンに行く理由がひとつ増えます。

あのお店に行けば、顔の印象を変えられる。
私はもっと綺麗になれる。

そんなポジティブな気持ちになってもらえたら、このご提案は大成功だったと思います。

その為には、まず実際の技術を見て頂くこと。
切り方だけでなく、カウンセリングやモデルさんとの接し方、仕上がった後のモデルさんの喜びよう。そんな様々を確認していただきたく、セミナーを実施しました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

こちらで『立体造形眉カット』の技術と before after をご覧ください。
ご納得いただけましたら、是非、本セミナーにてその技術を習得なさいませんか?
ご参加心よりお待ちしております。