美容師さんへの報告書 〜女性の美意識アンケート結果~

ゴッドメイクという美容情報サイトをご存知でしょうか?

このサイトが実施した自分の顔の悩みに関するアンケートで、
95%の女性が、『自分の顔にコンプレックスあり』と答えています。

コンプレックスは解消したくて当然です。
もっと美人になれたらいいのに…。ほぼ全ての女性が望んでいることでしょう。

でも、その美人は定義があいまいで、とても主観的なものです。
(もちろんそれでいいと思っていますが)

あいまいで主観的だからこそ、美人になるための方法が分からず右往左往したり、あきらめたりしてしまうのではないでしょうか?

 

******************************************

話しは少し逸れます。

かみとまゆでも、木梨講師のサロン【beauty garden e:s(イース)】の協力のもとアンケートを取ってみました。

と言うのも、様々なアンケートを調べてみるのですが、すべてが【ヘア】【毛髪の悩み】もしくは【メイク】【肌悩み】というように、アンケートそのものが分かれてしまっているのです。

ヘアメイクは連動していて切っても切り離せない関係のはずですので、無いなら作ってしまえ!!という訳です。

【あなたが身だしなみを整える際、ヘアやメイクで困ること(苦手なこと)はどれですか?】

結果は以下のようになりました。

年代別では以下のとおりです。

この結果を見ると、

女性の2大悩みは『ヘア』と『眉』

であることがよくわかります。

 

『ヘア』と『眉』を合わせてみると、

20代で47%、30代で57%、40代で43%、50代・60代で52%、全年齢で51%

と、どの年代でも高い数値を示しています。

 

『ヘア』のみを見てみましょう。

20代で27%、30代で28%、40代で26%、50代・60代で22%、全年齢で26%

と、約1/4を占めています。

 

「髪は女の命」

これは現代でも言えることで、女性の美しさにヘアがかかせない要因であることは明確ですね。

 

 

次に『眉』ですが、

20代で20%、30代で29%、40代で17%、50代・60代で30%、全年齢で25%

を占めています。

メイクの中でも、最も地味で最も面積も小さいところであるのにも関わらず、これだけの割合を占めているのです。

 

 

株式会社伊勢半さんも興味深いアンケートを取られていました。

全国の10代~40代女性600人を対象に、『女性600人に聞いた、まゆに関する意識調査』です。
詳細はリンクよりご確認いただくとして、大きなポイントととしては、以下の3点があげられます。

1.顔の印象を変えられると思うパーツ、第1位は眉
2.変えられると思うのに、眉メイクに自信がない女性が8割以上
3.女性の7割以上がセルフまゆケアで失敗をしていた

 

 

さらにゴッドメイクで、『メイクが「一番難しい」と思う部分は?』というアンケートも見つけました。
こちらも詳細はリンクからご覧ください。

面白かったのが、アンケート結果よりも
眉メイクの「一番難しい」と思う部分に対する理由です。

・形が整わない
・自分に似合う眉の整え方、描き方が分からない
・ここですべての印象が決まるから

他のパーツは、ベースメイク⇒テカってきてしまう・アイライン⇒綺麗に引けない・チーク⇒濃くなってしまう、といったテクニックに対する悩みが多いのに対して、眉は「そもそもどうすれば良いのかが分からない」といった悩みであることです。

 

******************************************

さぁ、たくさんのアンケートを見ていただきました。
皆さまは、何を思われたでしょうか?

私たちは思います。

このアンケートから分かったことは、

眉に関しては、ヘアの悩みと何ら変わりが無い

ということです。

顔の印象を変えられるもの
セルフケアで失敗している
自分に似合う整え方、描き方が分からない

全てヘアと一緒ではないでしょうか?

セルフで上手にカットやカラーができるわけもなく、
そもそも自分に似合う髪形がわからないし、
お家でのヘアセットにも自信がない。

 

これを美容師の皆さまは、
プロの技術で似合う髪形・髪色にカット・カラーをし、
家でのセットのコツを教え
毎日、その人に似合うヘアで過ごせるように心をくばっているわけですよね?

 

これらの結果から言えることは、ただひとつ。

『毛があるところはプロの手を借りなければ、綺麗で満足できる仕上がりを望めない』

ということではないでしょうか?

 

 

私たちかみとまゆは、

『立体造形眉カット』という
お客様それぞれの美しさを引き出す技術を提唱しています。

女性おひとりずつの、それぞれの魅力に寄り添った美しさを提供したいのです。

 

それぞれの魅力を引き出せるのは、

『髪の毛』と『眉の毛』をコントロールできる美容師さんにしか出来ないことなのです。

 

 

もう一度、かみとまゆのアンケート結果をご覧になってみてください。

デコルテ部から上をまとめてしまったアンケートでは、髪の悩みは26%です。4分の1です。
あと、4分の3の悩みを女性は抱えています。

 

その女性たちに、
皆さまはどのようなアプローチをしてさしあげますか?

 

その答えのひとつが、『立体造形眉カット』です。

皆さまの手で、美人になるための方法が分からず右往左往したり、あきらめたりしてしまった女性たちを導いてあげて欲しいのです。

 

残りの4分の3の悩みを解消する秘訣は『眉』にあり、

髪 と一緒にその 眉 をカットし、印象を変えてさしあげられるのは

国家資格を持った美容師さんだけなのですから。

 

 

 

興味を持たれたら、どうぞお問い合わせください。

本文にどのように入力すれば良いか分からないのは当然です。
その時は、お問い合わせ内容欄に「どのように入力すれば良いか分かりません」と遠慮なくご入力ください。

私たちにはそれだけで充分想いが伝わりますので。