ある日届いた『お客さまからのお手紙』

先日、眉カット王子ことかみとまゆ講師の木梨純平氏とミーティングしていた時のことです。

彼がオーナーを務める、眉カット2時間待ちのメイクアップサロン【Beauty garden e:s】にお越しになる40代半ばのお客様から、忘れられない手紙をもらったことがあるという話しを聞きました。
そのエピソードにとても感動した私は、手紙を見せてもらえないか?それをホームページに掲載させてもらえないか?と頼み込みました。
木梨が帰阪し、お客様に連絡をとったところ、匿名を条件に快諾してくださったとのことで、紹介させていただきます。

こちらがお手紙1枚目お手紙2枚目 です。

以下、内容です。

木梨純平様

イースさんへ通うようになって、2年近く経ちますね。
いつもキレイにして頂いて、本当にありがとうございます。
今日は直接はなかなか言えないお礼をしたくて、手紙にしました。

私は幼いころから老け顔でした。
中学生の時には、親戚の法事で隣にいる兄のことを「息子さん?」と聞かれるほどでした。
あだ名は「おばちゃん」です。
そんなわけで自分に自信を持てるわけもなく、メイクをしてももっと老けた印象になるのが嫌でした。

そんな時に『おはよう朝日です!』に出演されていた王子を見て、メイクは眉で変わる、顔の印象さえ眉で変わることを知りました。
一人で行く勇気はなかったので、○○ちゃんを誘ったのも懐かしい思い出です。

場違いかと思うようなキラキラした空間で、眉をカットしてもらい仕上げてもらった後、王子は言いました。『ほらっ!怖くなくなった!!』覚えていますか?笑
○○ちゃんもそれに乗って『ホンマや!△△さん、もう怖ないわ!』と。
今思えば、失礼な話です。
でも私は『ホンマや!別人みたいやなぁ!!』と大笑いして大喜びでした。
鏡の中には年相応の私が、人生で一番キレイになって映っていたからです。
実はお店を出た後、嬉しくて、何故か切なくて少しだけ泣いてしまいました。

それからの私は、先ずヘアスタイルが変わりました。

長い間、美容室に通うのが苦手で、身だしなみを整えるために行く場所だったのに、意識が変わったせいか、美容師さんもおばちゃんっぽい髪型を作らなくなるんですね!眉カットとメイクの効果は恐るべしです。
まぁ昔の私は、美容師さんに『キレイにして欲しい』を言い出せなかったのだから、
美容師さんだってキレイにしようがなかったのでしょうね。

そしてファッションが変わりました。
それまでユニ○○や、通販で購入していたのに、セレクトショップに行くようになりました。
少しでも女性らしく若く見られようと選んでいた洋服から、かっこいい洋服にガラッと変えて、その方が若く見られることを知りました。

このような手紙を書いたのは、王子がイースさんでの活動を控えめにして、全国の方に眉カット技術を広めるための活動をされるというブログを読んだからです。

今でも王子の待ち時間が長い時は、スタッフの皆さんにカットしてもらっていますが全く問題なくキレイにしてもらっています。王子と会える機会が減るのは寂しいですが、こんな風に眉カットをしてもらえる人を増やされるための活動ですもんね。がまんします(笑)

そしてその活動は絶対に広まると思います。
昔の私のようなコンプレックスを抱えた人に、自分なりのキレイを教えてあげられる人がもっともっと増えるということですもんね!応援しています!

王子がいなくてもイースさんには通いますね。
でもお店にいる日の予定もちゃんと配信?発信?してください。

それでは、感謝と応援をこめて・・・

□□ △△子より

 

 

さて、皆さんのお店に、ちょっと自信無さ気な、どうしたいのか要望や思いがイマイチ伝わってこないお客様はいらっしゃいませんか?

そのお客様はコンプレックスを抱えた以前の△△子さんかも知れません。

どうかヘア技術以外にも、お客様の『キレイ』の相棒になるためのアイテム【立体造形眉カット】を手に入れてください。

眉カットは国家資格である美容師免許を持っていないと出来ません。

美容師さんだけの武器なのです。

これを活用して、このお手紙をくださったお客様のような女性達を照らしてください。

 

女性はいつだって、いくつになったって、王子様と出逢いたいものなのです。

ちなみに△△子さん、今では眉カットは3週間ごと、ヘアサロンは1ヶ月ごとに通われているそうです。