さすがパリコレモデル!さすがアンミカさん!!おっしゃる通り!!!「メイクで一番重要なこと」とは?

MBS毎日放送『林先生が驚く初耳学!』の番組内企画、『アンミカ先生が教えるパリコレ学』をご存知でしょうか?

元パリコレモデルのアンミカさんを中心に、毎回テーマごとに、美容・ファッションのプロフェッショナルを講師としてゲストに呼び、モデルの卵たちを育ててパリコレに連れて行くという内容です。
一次オーディションを通過したモデルは9人。彼女らを、アンミカさんとゲスト講師がアドバイスしながら1人に絞る過程を見せるTV番組なのですが、この企画の第3回、メイクについての放送で、アンミカさんがとても興味深いことをおっしゃっていました。かみとまゆとしては「そう、これを伝えたい!」という内容でしたので、レポートさせていただきます。

※2018年11月18日までは、こちらから番組を見ることができます。
(その日以降は、最新回のものに順次切り替わります)

 

この回の放送はまず、一次オーディションを通過した9人のモデルの卵たちに化粧を落としてもらう事からはじまります。それから各自メイクをしてアンミカさんの前に出てアドバイスを受ける、という流れです。

メイクを落とす目的は二つです。
・モデルそれぞれの持つ才能(顔)をありのままにチェックすること。
・彼女らそれぞれのメイクを見て、自身の個性を活かせているのか、その理解度をはかること。

パリコレのオーディションを受ける時に、モデルたちは自分でメイクして臨むので、メイクが下手だと話にならないそうです。

アイテムもカラーも多様なメイクコスメ

 

さて彼女らはアンミカさんから、どんなアドバイスを受けるのでしょう?

ゲスト講師は、メイクアップアーティストの名取瞳さん。
コレクションのバックヤードで多くの仕事をしてきたメイクのプロフェッショナルです。

番組が進み、順に登場するモデルの卵たち。
アンミカさんと名取さんから一人一人へのアドバイス。
褒められたりけなされたり。
涙を流す人もいれば、ほっと安心する人もいる。
そんなピリピリした雰囲気で進みます。

 

そして中盤で、とても印象なアドバイスがありました。

かなり気合を入れてメイクし登場したモデルさん。
ぱっと見るなり、アンミカさんは言います。

「今のメイクではパリコレのオーディション、厳しい」

「(メイクの)工夫はどこですか?」と尋ねるアンミカさんに、鼻とリップと答える彼女。

答えを遮るように、

「○○さんの場合(問題なのは)眉毛です」とアンミカさん。

憂いをおびた表情も美しい

 

その後、名言が飛び出します。

「眉毛は人の顔の生命力を決める」と。

眉のメイクがきちんとできていないと、
モデルとしての魅力がそもそも伝わらないのだと。

 

張り詰めた雰囲気の、そのシーンを見ながら大きく頷いてしまいました。

誰かの顔を見る時に、眉に注目する人はいません。
顔全体の印象を見ます。
でも、

『顔全体の印象』を決めるのは間違いなく眉なのです。

 

かみとまゆ講師の木梨は、いつもお客さまに言います。
「立体造形眉カットをして綺麗なアイブロウデザインが完成しても、『眉切った?』とは聞かれません」と。

その代わり「痩せた?」「綺麗になった?」「大人っぽくなったね」等々、眉の変化ではなく印象の変化に人はリアクションすると。

それくらい 眉は 目立たず、
それくらい 重要 なのです。

番組内でアンミカさんは続けます。
「メイクをする時、(素人は)自分の正面からしかメイクしない」
「1日の9割は、他人は自分の顔を正面から見ていない」

そうです。

必要なのは上下左右どこから見ても美しい眉。
顔を真正面から見るのは、鏡ごしの自分だけなのですから。

だからこそ、かみとまゆは『立体造形』眉カットを提唱しています。

どんな身長の人が、どの角度から見ても美しい印象でいられるように。

 

たまたま見たTVで、あのアンミカさんが私たちと同じことを言っている。
「やはり…」とつぶやく、かみとまゆスタッフ一同。

講師の木梨を番組に呼んでもらえないでしょうか?
あ、メイクの回は終わってしまいましたか。そうですか。

だったら仕方がないので、私たちは美容師さんにこの技術を提唱し続けます。
「アンミカさんも同じこと言ってたよ」なんて言いながら。

そして綺麗を探求し続ける女性たちには、『美人コンパス』で自身のベクトルを知ってもらうよう活動し続けます。
「アンミカさんも自分の個性と美しさをちゃんと活かせているのかチェックしてたよ」とも言いながら。

 

(1/20放送のヘアメイクに関する回のレポートもUPしました。こちらもどうぞご覧くださいませ)