かみとまゆ女社長40代ラストイヤー:実録★プランクチャレンジその4!!_美容の仕事は、幸せのループ。かもと思いました。

データ :1969年1月29日生まれ、49才、女性、身長168cm。

体重や体脂肪率・画像等、

修正なく経過報告します。

49才の決して美しくはない

画像もありますので、

閲覧は自己責任でお願いします

ww

 

初回レポート(8/23初日~9/413日目)こちら

前々回レポート(8/23初日~9/615日目)こちら

前回レポート(8/23初日~9/1120日目)こちら

今回は、前回より5日後の9/16現在・25日目までの経過を報告します。

 

今日は少しだけ真面目に、美容業界で仕事をする者としてのお話です。

  

先日、久しぶりに大学時代の先輩に会いました。
彼女の結婚式以来、実に25年ぶりです。

 

その方は学生の時から、今でいう『ミニマム生活』を実践されていました。
いつお邪魔しても彼女の家には物が少なく、シンプルで掃除が行き届いたクリーンな空間を維持されていました。
身体に優しいご飯と、清潔なお布団、素敵な笑顔でのお出迎え。

スティック型の掃除機も、窓辺に一輪だけ飾られたガーベラも、プチプラではない大手メーカーのラインで揃った化粧品も、全てが私の憧れでした。

 

バブル絶頂期で、女性は身体にフィットしたタイトスカートは当たり前。そうでなかったら、カジュアルなジーンズスタイル、もしくは大きな襟にカーディガン+フレアースカート(当時のアイドルWinkさんの影響ですね)。

ほとんどの女子はこのどれかにカテゴリー分けされていた時代に、先輩はボーダーのカットソーに台形のスカートやキュロット、小さな赤いハンカチを首元に巻いていて、それはそれはお洒落さんでした。

 

 

憧れだった先輩に会える喜びと、すこしの不安・・・。

50を過ぎた女性がお洒落を保つことの難しさを身をもって実感していますので、彼女の素敵さに翳りが見えてしまったらどうしようと思っていました。

 

 

でも流石は30年前から『自分スタイル』を極めていた先輩。

待ち合わせのベンチに座っていたのは、大人の魅力いっぱいの女性でした。

年齢とともに、自分に合うものをアップデートし続けた結果なのでしょう。

 

 

そんな彼女が私にかけてくれた言葉は、『細い!』でも『痩せた!』でもなく

『スタイルいいねぇ!!

  

プランクチャレンジ中の私にとって、一番嬉しい言葉でした。

 

 

今回の企画は、細くなりたいからでも痩せたいからでもありません。
緩んだ身体と心に喝をいれるべく始めたことなのです。

 

背筋を伸ばしていられる背筋、ウエストがゴムではないスカートをはける腹筋、どこにでもフットワーク軽く動ける体力。

 

美容に携わるものとして、失いかけていた大切なものを守るチャレンジです。

 

 

しかし、そのモチベーションを自分ひとりで維持することはとても難しく、数値も停滞気味だったので、先輩の言葉は大きな励ましとなりました

 

 

そして再会した瞬間に、的確なほめ言葉をかけてくれる先輩には、いくつになっても勝てないなぁ、と実感した次第です。

 

 

そしてふと、この感覚は美容の仕事に似ているなと思いました。

 

応援と感謝と頑張り

 

 

例えば美容師さんが、綺麗になろうと頑張っているお客様にタイムリーで優しいほめ言葉を投げかける。

その喜びが糧となり、どんどん綺麗になってまた美容師さんに会いに行くお客様。

美容の仕事は、幸せをループさせることなのだなぁと。。。

 

そんな気づきを頂いた私の
途中経過↓↓

 

 

そして、そろそろ体型画像報告とまいります。

画像を見たくない方はここでBACKしてくださいね。

 

25日目の画像です。(2018/9/16撮影)↓↓↓

 

 

 

25日目の体型画像です。
(2018/9/16撮影)↓↓↓

 

どうでしょう?

ちょっと筋肉っぽい筋(笑)が見えてきたような、見えてこないような・・・

 

初日と比べてみます。
先ずは正面。(初日→9/16)

横から。(初日→9/16)

変わってきてますよね??違いますよね!!

 

 

次回はいよいよ最終回。
30日間チャレンジの結果や、いかに??!!

9/21(金)に更新の予定です。

皆さまに記事を読んでいただくことが励みになっています。

今回もありがとうございました。