色と眉

目線を2mm上げるだけで、視界がぐっと広がって前向きな気持ちになる、という話を聞きました。
うつ病の先生が患者にするアドバイスだそうです。

確かにやってみると遠くまで見えます。 そして思ったのが、身の回りにはたくさんの『色』があるということです。看板や建物、前を行く人の服や植物。世界は思ったより、カラフルです。

色にはそれぞれ印象があって、ファッションはそれを利用してトレンドを表現します。洋服も髪色も、そして眉の色も。移りゆくトレンドの中で今、眉の色はどんなものが受け入れられているのでしょうか?

「髪の色より明るい眉がおしゃれ」という意見がありますが、それは一昔前のことです。

今は髪色と同じか、 髪より暗い眉がトレンドです。
ちょっと濃い目に、印象を残した眉。

それはストレートやアーチといった女性らしさや可愛らしさ、儚さの残る形に、
意志の強さと個性を残します。

そんな眉が今、素敵とされています。

そこに、「レッド」・「オレンジ」・「ゴールド」・「ピンク」等の色味をブラウンベースのカラーに混ぜ、ほんの少しだけ眉に色を足すのです。

これを『ニュアンスカラー』と呼びます。

 

普段の眉用パウダーにプラスして、ニュアンスカラーのパウダーに筆をポンっと一置き、一混ぜ。

そんな、ほんの少しの色味を帯びた眉で、一気に眉メイク上級者です。

ぜひ、あなただけのニュアンスカラーをお試しください。