講師のご紹介 〜人生を変える眉カット〜

木梨純平。 彼が、かみとまゆの特別講師です。

特別という言葉はよく使われますが、そもそもどんな意味なのでしょう?気になって、調べてみました。

【特別】他との間に、はっきりした区別があること。程度が際立っているさま。

木梨は眉カットのスペシャリストです。
美容師免許をもちろん取得していますし、プロのメイクアップアーティストでもありますが、
彼は自己紹介の時に必ず言います。「私は眉カットしかできません」

芸能人さん・モデルさんのヘアメイクはもちろん、広告撮影・イベント現場・ショーなど様々な分野で活動するクリエーターズユニットQOS(クオス)の代表であるにもかかわらずです。

潔いほどまでに、自身を『はっきりと区別』し努力を重ね、その『程度を際立たせ』た人だといえるでしょう。

 

 

さてそんな彼が大阪の西梅田・堂島地区に出店した一般女性向けメイクサロン【beauty garden e:s】 は、評判が評判を呼び、

眉カットが2ヶ月待ち

にまでなってしまいました。

予約が取れない、そんな状況は本望ではなかった為、予約制を廃止したところ、今度は

2時間待ち

が当たり前に。

眉カットに2時間待ち…普通に考えたら「じゃあ、いいわ!」となりそうですよね?

でもお客様は、「2ヶ月待っていたのが、2時間で切ってもらえるなんて!!」と逆に喜んでくださったのです。

身をもって発想の転換をお客様から教えられた彼は、新たな想いを秘めるようになりました。

 

「立体造形眉カットは、お客様の人生を変える。自分は眉を切っているのではなく、人生を変えているのだ」

 

『人生を変える眉カット』とはおおげさに思うかもしれませんが、決して誇張しているわけではありません。
木梨の技術は、その人の美しさを最大限に引き出す眉カット+眉メイクだからです。

女性は、朝の仕上がりに納得できると、その日を気持ちよく過ごすことができます。
お気に入りの自分で過ごせる1日がどれだけ幸せなことか、女性なら誰でもご納得頂けるでしょう。

そこに大きく影響するのが、ヘアとメイクとファッションです。この3点がひとつでも欠けると、満足度がうんと下がってしまいます。

主戦場であるヘアスタイルはもちろんのこと、実はメイクの仕上がりを左右する眉メイクも、美容師さんだからこそプロデュースできるという事実を、是非にも知っていただきたいのです。

3大要素(ヘア・メイク・ファッション)の内、2つが美容師さんにかかっていると言っても過言ではありません。

何故なら、眉をカットする為には『美容師免許』という国家資格が必要だからです。

 

木梨も、もちろん美容師免許を取得しています。
でも彼はヘアカットもカラーもしません。シャンプーさえ、しないどころか出来ません。

それでも月間売上200万を叩き出します。眉だけで。

 

そんな木梨は、美容師さんへのリスペクトと、すべての女性が毎日を幸せに過ごすお手伝いをしたいという想いから、自身の眉カットの技術を全てさらけ出し、美容師の皆さんへお伝えしたいと強く願うようになりました。

そして 合同会社かみとまゆ は、彼の立体造形眉カットをレクチャーするためにうまれたのです。

美容業界専門出版社の髪書房さんも、木梨に注目してくれています。想いや技術のについて丁寧に記事にしてくれました。よろしければこちらから、どうぞ。

 

さて、この場で友人としての発言を許してもらえるのなら、木梨純平の最大の魅力はけち臭くないところです。20年のキャリアで培ったその技術を、自分だけで抱え込むのではなく、広くオープンに伝えていきたいと、心から思っている人物です。

反対に彼の最大の弱点は発信能力です。または伝達能力でしょうか。
その最高の技術を、まだ会っていない人に伝えるのが苦手なのです。

立体造形の眉カットがいかに美容師さんの武器になるか、いかにお客様の感動を呼ぶか。

言語化して体系的に理解してもらうセンスがありません。

その技術と人柄ゆえに、クチコミ評価の高さや紹介を集める力は目を見張るものがありますが、人の縁が薄い地域では彼の『立体造形眉カット』は、まだまだ認知されているとは言えないでしょう。

私たち、合同会社かみとまゆは、彼の技術を言語化しテキストを作成したり、セミナーの内容を精査しては改編したり、媒体発信をしたり…と、全国の美容師さんにその想いを届けるべく活動を続けています。

先ずは、木梨純平に会ってみませんか?
その技術を目の当たりにしてみませんか?
眉カットを施術する時の、人が変わったかのようなオーラを感じてみませんか?

デモセミナーにどうかご参加ください。

美容師の皆さまにお会いできる日を、
木梨純平とかみとまゆは心より楽しみにお待ちしております。